意外と知らない!? 3階建てのメリット・デメリット(デメリット編)



「馴染みがなくて・・・」
「生活したことがないからイメージが湧かない」
「階段の昇り降りが大変そう・・・」

住まい探しや住まいづくりの選択肢に入ることが少なく、マイナスイメージや苦手という声が多い3階建て住宅。
でも、メリット・デメリットを知ると、『実は、私の考えや暮らし方には合っているかも!』ということもあります。

今回は、デメリットや注意点を解説します。
▸メリット編はこちらから


【デメリット1】上下階の移動が負担
2階建てに比べると、どうしてもフロア間の移動が多くなりがちです。若いころはそれほど負担にならなくても、高齢になると苦痛になることも多くなります。
フロア間移動の負担を軽減するために、必要性を感じてきたらリフォームしてホームエレベーターを設置するという方法もあります。

【デメリット2耐震性への考慮の必要性
3階建ての場合は、2階建てよりもさらにワンフロア分の重量が増えます。そのため、それを支える構造躯体や地盤は2階建ての場合よりもさらに強固にする必要があります。

【デメリット3動線が複雑になりやすい
建築面積が小さいと、建物に対して階段の占める割合が大きくなり、ムダな廊下ができたり、動線が交錯したり、部屋の形状が細長くなってしまったりと、間取りが複雑化しやすい傾向にあります。


【デメリット4家の中の温度差が大きくなる
一般的に暖気は上へ、冷気は下へ移動しやすい性質があることから、3階建て住宅は冬には1階が寒く、夏は3階が暑くなる傾向にあります。フロアごとの温度差が少ない住まいをつくるために、断熱・気密性の高さが重要です。

【デメリット5】建てる場所に制限がある
土地の場所によっては道路車線や北側車線、防火制限のような制限がかかる場合があります。
3階建ては2階建てに比べ制限が多く、景観への配慮や法規制で建てられない場所というのもあります。
3階建て住宅の建築を検討されている場合は、土地購入の際から建築業者に相談されることをおすすめします。



3階建てのお家は、メリット・デメリットありますが、ポイントを抑えて建築することで、平屋や2階建てよりももっと魅力的な住まいにすることが可能です。

『仕方なく3階建て住宅』ではなく、『3階建て住宅だからこそ』の暮らしがあります。



販売中の3階建てB-squareをご紹介
B-square龍ケ崎市佐貫町(完成済/即入居可)
B-square取手市井野台(2022年6月末完成予定)
B-square柏市みどり台(2022年7月中旬完成予定)

++

お問い合わせ、ご相談はこちらから!
また、インスタグラムも始めました!フォロー&いいね!お願いします♪

前へ 「まるで戸建感覚!専用庭・テラス付き5LDK!<アミティ桜公園1階>」

記事一覧

「意外と知らない!? 3階建てのメリット・デメリット(メリット編)」 次へ